ピナツボ火山災害緊急復旧事業(3)

Pinatubo Hazard Urgent Mitigation Project (Phase 3)

終了案件

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2007年12月
借款契約額
76.04億円

プロジェクト紹介

フィリピンのルソン島中部では、ピナツボ火山噴火後、河川や排水路に大量の火山灰が堆積し、洪水を発生させる原因となっていました。こうした状況から、前フェーズ(1・2)において、ザコビア−バンバン川およびパッシグ−ポトレロ川流域の河川改修・道路復旧工事を実施しました。しかしながら、パッシグ−ポトレロ川下流域の支流に合流するポーラック−グマイン川の河床上昇や河道閉塞は解消されておらず、台風や雨期の長雨時には幹線道路や市街地に洪水被害をもたらし、交通・物流の遮断や商業活動の停滞や、周辺地域の環境悪化を招いていました。この協力では、ルソン島中部において排水路整備、放水路建設、河川改修、道路整備を行うことで、洪水・浸水被害の軽減を図り、物流の確保・衛生環境改善を促しました。

協力地域地図

ピナツボ火山災害緊急復旧事業(3)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で嵩揚げされた道路(写真左上)。協力前の道路(写真中央)。 

  • この協力で整備された排水路。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。