パッシグ・マリキナ川河川改修事業(フェーズ4)

Pasig-Marikina River Channel Improvement Project (Phase 4)

実施中案件

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2019年1月
借款契約額
379.05億円

プロジェクト紹介

フィリピンは世界でも自然災害が多い国のひとつですが、マニラ首都圏は、沿岸低地であるため台風の影響を受けやすく、同地域の経済・社会活動は洪水により深刻な被害を受けてきました。同国政府は、過去50年以上にわたり排水や洪水対策に取り組んでおり、特にマニラ首都圏を貫流するパッシグ・マリキナ川の洪水対策は、2009年に発生した熱帯暴風雨オンドイによる甚大な人的・経済的被害に鑑み、重要かつ喫緊の課題となっています。この協力(フェーズ4)では、パッシグ・マリキナ川の河川改修および可動堰(マリキナ堰)の建設、並びに洪水に対する非構造物対策を実施することにより、マニラ首都圏中心部の洪水被害の軽減を図り、同地域の災害脆弱性の克服および生活・生産基盤の安定に寄与します。

協力地域地図

パッシグ・マリキナ川河川改修事業(フェーズ4)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 着工前マリキナ川の様子 

関連情報