マニラ首都圏主要橋梁耐震補強事業(第二期)

Metro Manila Priority Bridges Seismic Improvement Project(2)

実施中案件

国名
フィリピン
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2020年3月
借款契約額
44.09億円

プロジェクト紹介

フィリピンは東南アジアにおいて最も自然災害の多い国の一つであり、特に環太平洋火山帯に位置する地理的特性により、大規模地震が頻発しており、近年も大きな被害が発生しています。2012年に日本が実施した調査では、主要都市圏の幹線道路上の複数の大規模橋梁が、想定される大規模地震の耐震要求性能を充足しておらず、損壊可能性が高いことが指摘されています。特にマニラ首都圏の幹線道路上に位置する橋梁は、大半が建設から50年以上が経過しており、耐震性の向上を含む減災対策は喫緊の課題です。本事業は、マニラ首都圏内の幹線道路上の2橋梁(ガダルペ橋及びランビンガン橋)において、耐震性向上のための架替及び補強を実施することにより、マニラ首都圏内の交通・運輸ネットワークの災害に対する強靭化を図り、災害発生時における都市機能維持能力の強化に寄与します。(写真は第一期と同じものを掲載。今後更新予定です)

協力地域地図

マニラ首都圏主要橋梁耐震補強事業(第二期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 上のアーチ橋がマニラ・メトロレール(以下、MRT)橋、下がこの協力で架け替え予定のガダルペ橋。ガダルペ橋の老朽化が目立つ 

  • ガダルペ橋交通状況:交通量が多く、頻繁に渋滞している 

  • ガダルペ橋周辺の施設:MRTガダルペ駅の下に小さな公園”Guadalupe Nuevo Cloverleaf Park”がある 

  • ガダルペ橋桁下:橋桁の外側は架け替え、内側は耐震補強のみの予定 

  • ガダルペ橋橋脚:橋脚は撤去の上、新設を行う予定 

  • ランビンガン橋全体像 

  • ランビンガン橋全体像:橋の南西端からの眺め 

  • ランビンガン橋周辺交通状況 

  • ランビンガン橋橋脚:橋脚は撤去し、橋台を新設予定 

  • ランビンガン橋桁下:橋桁は全て架け替え予定 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ