機関車リハビリ事業

DIESEL ELECTRIC LOCOMOTIVES REHABILITATION PROJECT

終了案件

国名
パキスタン
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1993年8月
借款契約額
60.11億円

プロジェクト紹介

パキスタンでは、鉄道輸送が1950年代後半には国内貨物輸送の約7割、国内旅客輸送の約4割を占め、貨物・旅客輸送において重要な役割を果たしていました。しかし、1980年代以降、機関車の老朽化などが要因で、稼働率は年々低下し、増大する輸送需要に対応できず、鉄道輸送量が伸び悩んでいました。この協力では、電気式ディーゼル機関車の製造およびエンジンやブレーキ装置などの部品交換・機器入替を支援しました。これにより、長距離輸送に重要な役割を果たす鉄道輸送の能力増強を図り、社会基盤の整備に寄与しました。

協力地域地図

機関車リハビリ事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • リハビリされた機関車 

  • リハビリ中の機関車 

  • ラワルピンディ中央修理工場 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。