サマナラウェア水力発電事業

SAMANALAWEWA HYDROELECTRIC POWER PROJECT

終了案件

国名
スリランカ
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1986年9月
借款契約額
145.00億円

プロジェクト紹介

化石燃料資源に乏しいスリランカでは、持続可能なクリーンエネルギーである水力発電の拡大に力を入れてきました。しかし、電力需要が急速に増加し、引き続き着実な増加が予想されていました。日本は、この電力需給の逼迫を緩和するため、この協力(第1期)により、コロンボの南東約160キロメートルのワラウェ川上流部において、最大出力120メガワットのダム貯水池式発電所の建設を支援しました。これにより、年間発電量や世帯電化率の増加に寄与しました。

協力地域地図

サマナラウェア水力発電事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • サマナラウェア水力発電所管理棟 

  • サマナラウェアダム 

  • 導水トンネル 

  • 湧水計測地点 

  • 貯水池の一部 

  • 水位の戻ったspring water 

  • 発電所建設地域の移転先 

  • 灌漑開始時期を決める農民集会 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。