アヌラダプラ県北部上水道整備事業(フェーズ2)

(Anuradhapura North Water Supply Project(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
スリランカ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2016年11月
事業
有償資金協力
借款契約額
231.37億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

スリランカでは全人口の約85パーセントが安全な水にアクセスしていますが、上水道普及率は、全国平均45パーセントと低い水準です(2015年)。北中部州に位置するアヌラダプラ県北部の住民の多くは、地下水を利用していますが、フッ素濃度が同国水道水質基準値を超えた給水拠点が複数あり(45か所中17か所)、健康被害が問題となっています。また北中部州では、慢性腎臓病の発症率も高く、農薬など汚染された地下水利用が原因のひとつとされています。この協力では、上水道が未整備の地方部において上水道を整備し、上水道普及と安全な水の供給を図ります。これにより、対象地域での公衆衛生の向上および生活環境の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報