首都圏通勤線電化事業(2)

Metropolitan Railway Electrification Project(2)

終了案件

国名
チュニジア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2010年3月
借款契約額
45.96億円

プロジェクト紹介

チュニジアのチュニス大都市圏では、人口増加により深刻な道路交通渋滞を引き起こしていますが、交通渋滞や大気汚染緩和の促進のため、道路交通から鉄道輸送への移行を目指しています。一方で、チュニスと主要都市を結ぶ長距離線や郊外線の電化が遅れているほか、ディーゼル車両の老朽化が激しく、車両の新規調達や鉄道網の近代化による輸送能力強化が必要とされていました。この協力(第2期)では、チュニス首都圏南部の通勤線であるチュニス~ボルジュ・セドリア間の電化を支援しました。これにより、渋滞の緩和および大気汚染の緩和に寄与しました。

協力地域地図

首都圏通勤線電化事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 旧車両 

  • 旧車両 

  • この事業で整備された新車両 

  • この事業で嵩上げされたチュニス駅プラットホーム 

  • この事業で設置された信号 

  • この事業で建設された歩道橋 

  • この事業で設置された鉄道電化線と架線柱 

  • 開通式で披露された新車両 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。