メジェルダ川洪水対策事業

Mejerda River Flood Control Project

実施中案件

国名
チュニジア
事業
有償資金協力
課題
水資源・防災
借款契約(L/A)調印
2014年7月
借款契約額
103.98億円

プロジェクト紹介

チュニジアの北部では、近年、集中豪雨が頻発し、大規模な洪水被害が発生しています。こうした大規模洪水は、農作物、インフラ設備や家屋などの物質的損失にとどまらず、経済活動の停滞や災害をきっかけとした貧困の増加など、経済的・社会的損失を伴うことから、同国が持続可能な開発を達成する上でのリスク要因の1つとなっています。この協力では、メジェルダ川流域を対象に河改修などのインフラ整備を支援することに加え、ソフト支援としてダム管理システムや避難・水防システムの効果的運用計画の策定を行います。これにより、同流域における洪水対策機能の強化を図り、もって地域住民の生活環境の改善や経済活動の発展に寄与します。

協力地域地図

メジェルダ川洪水対策事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ラルーシア堰(プロジェクトサイトであるメジェルダ川D2ゾーン始点) 

  • 過去、洪水にて被害を受けてきたジュデイダの街 

  • かさ上げを予定している鉄道橋 

  • 写真3の鉄道橋の洪水発生時の様子。 

  • 遊水地の敷設を予定しているエル・マブトゥ湿地 

  • カラート・アンダルース橋(メジェルダ川D2ゾーン終点) 

  • ジェダイダの街、洪水発生時の様子。 

  • 洪水被害によりメジェルダ川流域の経済活動に大きな影響が出ている。 

  • 洪水発生時の様子。もとは、農地。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。