バンコク大量輸送網整備事業(レッドライン)(2)

(MASS TRANSIT SYSTEM PROJECT IN BANGKOK (RED LINE) (2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2015年6月
事業
有償資金協力
借款契約額
382.03億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

タイの経済の中心地であるバンコク首都圏は、約1,000万人の人口を擁し、自動車などの車両台数が増加しています。しかし、自動車に依存する交通システムが交通渋滞を引き起こし、人・物の流れのボトルネックとなっています。また、車両の排ガスが引き起こす大気汚染も問題視されており、環境負荷の軽減への取り組みが必要となっています。この協力(第2期)では、バンコク都内のバンスーと北部ランシットを結ぶ大量輸送鉄道レッドライン(高架・地上8駅、26キロメートル)の新設を支援します。これにより、同首都圏における輸送需要への対応、交通渋滞の緩和および大気汚染の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報