地方通信網拡充事業(2)

(TELECOMMUNICATION NETWORK EXPANSION PROJECT(2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウズベキスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1999年12月
事業
有償資金協力
借款契約額
126.92億円
課題
情報通信技術

プロジェクトの紹介

電話普及率が全国平均で100人あたり6.9回線と、先進国の6分の1から8分の1の水準であったウズベキスタン(1995年当時)。基幹伝送路や放送設備などの通信施設や電話交換機などの通信機器については、大半が旧ソ連時代に整備されたものであり、品質劣化および老朽化が著しい状況でした。日本は、本フェーズ2協力により、ウズベキスタン中・西部の地方中核都市において、デジタル交換設備、地方中核都市間を結ぶ基幹伝送路、放送システムの整備、無線加入者回線の設置などを支援し、通信網の拡充・通信事情の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報