南北回廊における円滑なOSBP運営管理能力強化プロジェクト

 英語

OSBPは、内陸国境を越境する際に両国それぞれで行われていた手続きを1か所で行えるようにすることで、人やモノの効率的な移動を可能にする取り組みです。
南部アフリカに位置するザンビア、ジンバブエ、ボツワナはいずれも内陸国であり、物流における長い輸送時間と高いコストが課題となっています。南アフリカ共和国の主要港であるダーバンからザンビアの首都ルサカへと続く南北回廊は、南部アフリカ地域における物流網の主要回廊に位置付けられ、国境のOSBP化と機能・運用の改善による貿易円滑化が期待されています。

更新情報

2021年5月25日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
アフリカ広域
課題:
経済政策
署名日:
2020年8月27日
協力期間:
2020年12月14日から2025年3月31日
相手国機関名:
ザンビア、ジンバブエ各国歳入庁(注)今後変更の可能性あり)