分娩時及び新生児期を中心とした母子継続ケア改善プロジェクト

カンボジア王国(以下「カンボジア」)では近年、1991年の内戦終了後からの政府による保健医療立て直しの継続的取り組みに加え、経済成長による効果及び各国ドナーの援助によって、乳児死亡率(対人口千人)は2000年の95から2014年に28、新生児死亡率(対人口千人)は2000年39から2014年18に低下し、母子保健基礎指標が目覚ましく改善している(Cambodia Demographic Health Survey:CDHS)。しかしながら、周辺諸国に比べると未だ十分なレベルにあるとはいえない(周辺国の新生児死亡率:インドネシア15、ベトナム12,WHO世界保健統計 2014)。特に新生児死亡率…

更新情報

2月20日
ニューズレター」 を更新しました。
12月22日
ニューズレター」 を更新しました。
12月13日
ニューズレター」 を更新しました。
10月13日
ニューズレター」 を更新しました。
9月6日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
保健医療
署名日:
2015年12月25日
協力期間:
2016年5月16日から2021年5月15日
相手国機関名:
保健省国立母子保健センター、コンポンチャム州病院、スバイリエン州病院

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。