熱帯荒廃草原の植生回復を通じたバイオマスエネルギーとマテリアル生産プロジェクト

インドネシアでは、原油価格の高止まりによる輸入負担の増大や、経済成長に伴う燃料・電力消費量の急増により、エネルギー関連補助金は中央政府歳出の約20%を占めるに至っており、補助金の削減は喫緊の課題である。インドネシア政府は、国家エネルギー政策(2014年1月国会承認)において、1次エネルギーに占める再生可能エネルギーの比率を2025年までに23%まで高めることを掲げ、特にバイオエネルギーについては、エネルギー鉱物大臣令(2014年20号)において、バイオ燃料の活用比率を2025年までに段階的に高めていくことを掲げるなど、バイオ燃料の活用を積極的に進めている。
また、インドネシアでは大規模…

更新情報

3月26日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月14日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月12日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
11月2日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
9月7日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
インドネシア
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2015年12月14日
協力期間:
2016年7月19日から2021年7月18日
相手国機関名:
インドネシア科学院

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。