医薬品・食品安全強化プロジェクト

(1)当該国における医薬品・食品分野の現状と課題
インドネシア共和国(以下、「インドネシア」)では、経済成長に伴い食品の市場規模が拡大しているが、流通する食品の安全性が課題となっている。医薬品についても、市販前の製造・品質管理に係る規制等はあるものの、市販後に流通している医薬品の副作用や健康被害を検知する体制が不十分となっている。
この原因の一つとして、加工食品と医薬品の安全性を管轄する国家医薬品食品監督庁(National Agency For Drug and Food Control/インドネシア語組織名 Badang Pengawas Obat dan Makanan以…

更新情報

1月12日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
インドネシア
課題:
保健医療
署名日:
2015年8月27日
協力期間:
2016年7月11日から2021年7月10日
相手国機関名:
(和)国家医薬品食品監督庁
(英)National Agency for Drug and Food Control

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。