土地管理体制強化プロジェクト

インドネシアの課題として、インフラ整備の遅れが指摘されるが、その原因の一つとして用地取得の遅れがあげられている。このため、近年、精力的に法制度面の整備が進められてきた。2012年に制定された土地収用法は強制的な取得手続きを定める一方、影響住民に対する公正な補償の実施を定めている。本技プロではこうした手続きが円滑に進められるよう関係者の能力強化ととに必要なツールの開発を目的として実施している。また、土地収用業務に密接に関連する、土地価格評価、土地空間権利設定、土地銀行設立、土地区画整理手法等の土地行政に対する技術移転を行い、併せて土地収用の促進に資することとしている。

更新情報

2022年9月8日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年6月21日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年5月27日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
インドネシア
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2017年5月24日
協力期間:
2018年3月15日から2022年10月31日
相手国機関名:
土地空間計画省/国家土地庁

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。