持続的森林管理のための能力開発プロジェクト

ケニアは乾燥・半乾燥地が国土の約8割を占め、森林面積は国土の約7%であるうえに、国内総エネルギーの約70%を占める薪炭材の利用や農地転用により森林資源の荒廃が進んでいます。自然資源に依存して生活する住民が多い中、乾燥・半乾燥地が多いケニアにとって、森林面積の増大による自然資源の確保と維持は国家の重要な開発課題です。

更新情報

2019年11月27日
プロジェクト概要」、「プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年7月2日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ケニア
課題:
自然環境保全
署名日:
2016年2月10日
協力期間:
2016年6月12日から2021年6月11日
相手国機関名:
環境森林省、ケニア森林公社、ケニア森林研究所

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。