持続的森林管理のための能力開発プロジェクト

ケニアは、乾燥・半乾燥地が国土の約8割を占めており、森林面積は国土の約7パーセントに過ぎませんが、薪炭材の利用や農地転用により、森林資源の荒廃が進んでおり、自然資源の確保と維持は国家の重要な課題となっています。また、近年は気候変動の影響を最も受けやすい国の一つと考えられており、干ばつなどの異常気象の頻繁な発生が懸念されています。この協力では、ケニア環境・天然資源省および、森林公社、森林研究所などの政府職員に対して政策支援、REDD+準備支援、林木育種研究などを支援します。これにより、同国における持続的な森林管理の促進に寄与します。

更新情報

10月17日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月20日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月11日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月4日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ケニア
課題:
自然環境保全
署名日:
2016年2月10日
協力期間:
2016年6月12日から2021年6月11日
相手国機関名:
環境・天然資源省、ケニア森林公社、ケニア森林研究所

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。