ウランバートル市マスタープラン計画・実施能力改善プロジェクト

モンゴルは1997年に人口移動が自由化されており、1999年と2003年に起きた深刻な雪害を契機として、放牧を営むことが困難となった遊牧民が都心部に急速に流入している。特に首都であるウランバートル市(以下、「UB市」)では、1998年に65万人であった人口が2012年には130万人を突破し、急速な人口増加と都市化が進展している。 人口増加の原因は地方からの流入によるところが大きく、遊牧民が移動式住居(ゲル)を無秩序に建てるためスプロールが進展しており、同市の人口の6割は都市基盤施設が整備されていないゲル地区に居住していると推定されている。 以上の状況に鑑み、計画的な都市開発を図るためにもU…

更新情報

7月7日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
7月21日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月25日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月22日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月17日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
モンゴル
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2014年7月8日
協力期間:
2014年9月1日から2018年12月31日
相手国機関名:
ウランバートル市役所
建設・都市開発省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。