国家温室効果ガスインベントリの継続的な改善サイクル構築にかかる能力向上プロジェクト

 英語 モンゴル語

モンゴル政府はコペンハーゲン協定に基づき、2010年1月に開発途上国による適切な緩和行動(Nationally Appropriate Mitigation Action、以下「NAMA」という。)を提出、また2015年10月には各国が自主的に決定する約束草案(Intended Nationally Determined Contribution、以下「INDC」という。)を提出し、同文書が2016年9月に第1回の自国が決定する貢献(Nationally Determined Contribution、以下「NDC」という。)として承認されている。モンゴルでは、温室効果ガス(Greenhous…

更新情報

2019年8月7日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年2月27日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
モンゴル
課題:
環境管理
署名日:
2017年6月27日
協力期間:
2017年11月1日から2021年10月31日
相手国機関名:
自然環境気候基金

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。