農村地域基礎保健サービス強化プロジェクト

ミャンマーでは、地域の保健センターが基礎保健サービスを提供していますが、医療スタッフの人員不足や、医療サービスの量・質不足により、住民に広くサービスが届いていません。緊急時の地域から上位医療施設へのリファレル体制も不十分です。サービスを受ける側の住民も、保健知識の不足や医療施設への不信感などからサービスを利用しない、道路・経済事情などからアクセスできないという課題を抱えています。
本事業では、基礎保健サービスの担い手である地域の基礎保健スタッフ及び村落保健ワーカーを含むコミュニティ住民を対象として、ライフコース・アプローチに基づく基礎保健サービス提供の体制強化を行います。

更新情報

2020年8月17日
プロジェクト概要」、「プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年6月14日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ミャンマー
課題:
保健医療
署名日:
2018年1月10日
協力期間:
2019年2月11日から2024年2月10日
相手国機関名:
ミャンマー保健スポーツ省(公衆衛生局・基礎保健サービス(BHS)課・母性保健課・健康教育課・小児保健課・栄養課・非感染性疾患課)、マグウェイ地域公衆衛生局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。