東ビサヤ地域母子保健サービス強化プロジェクト

 英語

フィリピンにおいては、約半数のお産が、第4子以上であることや前回の出産との間隔が24カ月以内であるなど、少なくとも一つのリスク要因を伴うとされている。2006年の家族計画調査によれば妊産婦死亡比は出生十万あたり162となっており、1998年の国家人口保健調査(National Demographic and Health Survey=NDHS)の172と比較して若干減少しているものの 、今後その減少が大幅に加速されないかぎり2015年までのMDG達成(出生十万あたり52)は無理であるとの見解が支配的である。一方、5歳未満児死亡率は過去15年の間に出生千あたり55(1998〜92年)から34(…

更新情報

8月20日
ニューズレター」 を更新しました。
6月5日
ニューズレター」 を更新しました。
2月14日
ニューズレター」 を更新しました。
10月4日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
フィリピン
課題:
保健医療
署名日:
2010年2月19日
協力期間:
2010年7月15日から2014年7月14日
相手国機関名:
保健省本省、保健省東ビサヤ地域局、レイテ州保健局、オルモック市保健局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。