障害者のエンパワメントと障害主流化促進プロジェクト

 英語

南アフリカ共和国(以下、「南アフリカ」と記す)における5歳以上人口の7.5%(約287万人)が障害者であり、障害者は貧困と社会的排除に直面しやすい状況に置かれている。基礎的社会サービス、教育機会、雇用機会への障害者のアクセス率は低く、障害者世帯のうち水道へのアクセスがない世帯は13.4%(非障害者世帯8.2%)、20歳以上で教育を受けたことが無い障害者は24.6%(非障害者7.4%)と脆弱な社会経済状況に直面している。
南アフリカは2007年に「国連障害者権利条約」を批准した。同条約に基づき、障害児/者へ施設サービスや保護的作業所等での就労支援を含む社会福祉サービスを管轄する社会開発省…

更新情報

5月23日
ニューズレター」 を更新しました。
3月7日
ニューズレター」 を更新しました。
1月11日
ニューズレター」 を更新しました。
4月2日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月26日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
南アフリカ共和国
課題:
社会保障
署名日:
2015年12月14日
協力期間:
2016年5月9日から2020年5月8日
相手国機関名:
社会開発省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。