国家上下水道公社西部州南部地域事業運営能力向上プロジェクト

スリランカでは、1975年の国家上下水道公社(National Water Supply and Drainage Board:NWSDB)設立以降、安定した給水サービスの実現を目指し、全国各地で上水道施設を整備してきました。現在、人口が集中しているコロンボ県の水道普及率は94.5%に達していますが、スリランカ全体でみると水道普及率は48.1%に留まっており、NWSDBは今後も継続して給水能力の増強やサービス向上を図る計画です。同計画を実現するためには、事業運営の効率性を高め、持続可能な給水サービスを提供しつつ、上水道施設の拡張を進めていく必要があります。そのため、NWSDBは近年、維持管理費…

更新情報

2020年5月12日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年10月9日
プロジェクトニュース」、「資料集」を更新しました。
2019年6月5日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年4月2日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2019年1月29日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
スリランカ
課題:
水資源・防災
署名日:
2018年4月20日
協力期間:
2018年9月1日から2021年8月31日
相手国機関名:
国家上下水道公社

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。