北部地域における安全作物の信頼性向上プロジェクト

ベトナムの1人当たりのGDPは2013年に1,900USDを超え、中進国入りした後も毎年着実に経済成長を果たしている。中でも農業は、1986年以降のドイモイ(刷新)政策以降着実に発展しており、農産物の生産量は増大し、農産物の輸出額(14,729百万USD)が輸入額(12,287百万USD)を上回り、コメ、大豆、トウモロコシ等の主要農産物は自給可能となっていることから(FAO統計)、食料の安全保障の問題はほぼ解消され、近年はTPP加盟によりコメなどの主要農産物を筆頭に、野菜や果物などの海外への輸出拡大が見込まれている。

一方で、農産物生産の拡大に伴い、農薬や化学肥料等の使用量が…

更新情報

2021年5月7日
ニューズレター」を更新しました。
2021年3月18日
ニューズレター」を更新しました。
2021年1月6日
ニューズレター」を更新しました。
2020年11月27日
ニューズレター」を更新しました。
2002年9月25日
ニューズレター」を更新しました。
対象国:
ベトナム
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2016年2月29日
協力期間:
2016年7月28日から2021年7月27日
相手国機関名:
農業農村開発省 作物生産局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。