第二次国道9号線改修計画

(The Project for Improvement of the National Road Route 9(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2001年5月
事業
無償資金協力
供与額
32.26億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ラオスの国道9号線は、タイとの国境であるサヴァナケットとベトナム国境のラオバオ(約240キロメートル)を結ぶ、南シナ海への重要なアクセス道路です。しかし区間の中には幅員が狭い場所や、未舗装の部分があり、幹線道路としての役割を十分に果たしていませんでした。この第二次協力では、第一次協力に続いて、未整備区間のムアンパラン〜ムアンピン間(約60キロメートル)の整備と拡幅および橋梁(13橋)の改修を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報