地方電化計画(2003年度・第2期)

The Project for Rural Electrification

終了案件

国名
ガーナ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
資源・エネルギー
交換公文(E/N)署名
2003年8月
供与額
3.06億円

プロジェクト紹介

1989年に全国電化計画が策定され、2020年までに500人以上の集落のすべてに、安定した電力を供給するという目標を掲げているガーナ。日本は、地方電化の優先度の高いアシャンテ州ニナヒン地区(第1期)およびアシャンテ州アマンシウエスト地区(第2期)の2地区を対象に、電化に必要な33キロボルト送電線を敷設し、資機材の調達を支援しました。今回の第2期協力では、未電化であったアシャンテ州アマンシウエスト地区が電化され、住民の基本的な生活環境が改善され、経済・社会的発展の基盤が整備されました。

協力地域地図

地方電化計画(2003年度・第2期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で敷設された送電線 

  • この協力で敷設された送電線 

  • この協力で敷設された送電線 

  • この協力で設置された柱上変圧器 

  • この協力で設置された柱上変圧器 

  • この協力で設置された柱上変圧器 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。