地方電化計画(2007年度・第2期)

(The Project for Rural Electrification)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガーナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2007年8月
事業
無償資金協力
供与額
4.10億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ガーナでは、2020年までに500人以上の集落のすべてに安定した電力を供給するという目標を掲げ、地方部の電化事業を推進しています。しかし資金不足のため、地方部の世帯電化率は未だ約20パーセントにとどまっていました。この協力(第2期)では、特に電化が遅れていた中央州アッパー・デンチラ地域において、配電網整備に必要となる資機材の調達と据え付けを支援しました。この協力とその後の支援の結果、中央州アッパー・デンチラ地域においては、2005年に7パーセントだった電化率が、2011年には22パーセントになりました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報