ボルネオ生物多様性・生態系保全プログラムプロジェクト

Technical Cooperation Programme for Bornean Biodiversity and Ecosystems Conservation in Sabah, Malaysia

国名
マレーシア
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2002年2月〜2007年1月

プロジェクト紹介

サバ州は世界でも有数の生物多様性を有する地域ですが、商業伐採等により森林の減少と生物多様性の破壊が進んでいました。本協力では、研究・教育、公園管理、保護区管理、環境啓発、及びそれらの関連する行政・研究機関の保全活動の統合・推進に取り組みました。これにより、国際的水準の研究・教育機関の確立、クロッカー山脈国立公園での先住民の生活を尊重した公園管理計画の策定、セガマ河河口域の野生生物生息域保全区の設置などが実現し、正確なマス・メディアの自然保全報道や環境教育実践高校の増加に寄与しました。また、生物多様性の保護と利用に関係する行政機関間および研究機関との連携も促進されました。

事業評価

協力現場の写真

  • クロッカー山脈公園事務所 

  • ワークショップ風景 

  • R/D署名 

  • ニッパヤシのマングローブ林(セガマ河下流域) 

  • 永久調査区(グヌン・アラブ) 

  • 公園管理コンポーネントの作業部会 

  • プログラム運営委員会 

  • 昆虫学の研修 

  • クロッカー山脈公園の土地調 

関連情報

関連記事等

関連記事等はありません。