ジェリコ及びヨルダン渓谷における廃棄物管理能力向上プロジェクト

(The Project for Capacity Development on Solid Waste Management in Jericho and Jordan River Rift Velley in Palestine)

【写真】プロジェクトの様子

国名
パレスチナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2005年9月〜2010年2月
事業
技術協力
課題
ジェンダーと開発、環境管理

プロジェクトの紹介

パレスチナの多くの自治体では、職員の知識・技術不足、財政難のために適切な廃棄物の管理サービスが提供できませんでした。ごみの野焼きや投棄が日常的に見られたジェリコ及びヨルダン渓谷地域において、日本は広域廃棄物管理のモデルを確立するための協力を実施。政治的・経済的な混乱の中、様々な障害に直面しながら、広域廃棄物管理システムの確立に取り組みました。本プロジェクトにより、広域廃棄物管理組合の予算システムや棄物管理サービス料金の徴収システム、処分場運営管理マニュアル等の導入を推進したところ、他地域での広域廃棄物管理組合の立ち上げ、能力強化にも活用されるなど大きな波及効果がありました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報