防災能力向上プロジェクト

(Project on Capacity Development in Disaster Management)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2006年8月〜2008年8月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

2004年インド洋大津波により甚大な被害を受けたタイは、中央レベルにおいて災害軽減局(DDPM)の防災行政能力の強化に加え、地方・コミュニティレベルの防災活動能力向上を目指してきました。この協力では、防災活動のモデルとなる地域メーホンソン県とチュンポン県において防災情報の収集、活用のためのGIS(注)データベースおよびハザードマップの開発、DDPMの防災白書・国家防災計画策定支援、e-ラーニング教材の開発、防災アカデミーの自然災害対策分野のマスタープランの作成を行いました。これにより、DDPMの能力強化と関係諸機関との連携強化、対象県の災害対応能力向上に寄与しました。(注)地図をベースとし、そのうえに「人」や「物」などの位置情報を入れた情報を管理するシステム

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報