住民参画型学校運営改善計画プロジェクト・フェーズ2

(Support to the improvement of school management through Community Participation in Niger (School for all) Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ニジェール [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2007年8月〜2012年1月
事業
技術協力
課題
教育、ジェンダーと開発

プロジェクトの紹介

アフリカの最貧国の一つであるニジェール。40パーセント台の初等教育粗就学率を2012年までに94パーセントまで向上させることを目標に、学校運営の権限を中央省庁から学校運営委員会(COGES)へ委譲する地方分権化政策を進めています。しかし、当初はこの政策を具体化する実施戦略が無く、日本は2004年からCOGESの機能強化を支援し、住民参画を効果的に促進するモデルを開発しました。この成果を受け、日本は2007年から同モデルを全国の約9,000校に普及するための技術協力を行い、COGES政策の実施体制強化を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報