農業セクター開発プログラム(ASDP)事業実施監理能力強化計画プロジェクト

Technical Cooperation in Capacity Development for the ASDP Monitoring and Evaluation System

終了案件

国名
タンザニア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2008年3月〜2011年3月

プロジェクト紹介

タンザニア政府は、農業セクター開発を貧困削減及び経済成長のための重要課題と位置づけ、「農業セクター開発戦略」を策定しました。その実施のための長期的な実施枠組みとして「農業セクター開発プログラム(ASDP)」が2006年に策定されました。ASDPの実施及び改良には、効果的で実現可能なモニタリング評価の枠組みを設定することが重要でしたが、県から中央政府への農業データの報告制度である「農業セクター定期報告制度(ARDS)」は適切に機能しておらず、効果的なASDPのモニタリングが行われていませんでした。この協力では、ARDSモデルの開発、研修、モニタリングガイドラインの改定などによりARDSが整備されました。これによりASDPのモニタリング・評価が適切に行われるようになりました。

協力地域地図

農業セクター開発プログラム(ASDP)事業実施監理能力強化計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 郡・村農業普及員から、データ収集フォーマットに対するフィードバックを受けるためのワークショップの様子(2009年、ドドマ) 

  • 郡・村レベルのデータをエクセルを用いて県レベルの情報に集計する作業の指導の様子(2010年、ドドマ州) 

  • 本事業で開発を支援した農業データ収集のためのソフトウェア(LGMD2)の画面 

  • 本事業により改善された農業データ定期報告制度(ARDS)を周知するためのステイクホルダー・ワークショップの様子(2010年12月、ダルエスサラーム) 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。