ASDP農業定期データシステム能力強化計画プロジェクト

The Project for Capacity Development on Data Collection, Analysis and Data-based Reporting under ASDP

実施中案件

国名
タンザニア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2015年11月〜2019年10月

プロジェクト紹介

タンザニア政府は、経済成長と貧困削減の観点から、農業セクターを開発重点課題として位置付けています。同国政府は、援助協調の枠組みのもと、農業セクター開発プログラム(ASDP)を策定し、ASDPのモニタリング・評価のツールとして、農業定期データシステム(ARDS)を構築しました。日本の技術協力により、ARDSの制度面・システム面での基盤整備がほぼ完了し、全国レベルでのARDS運用が本格的に開始されましたが、全国レベルでの効果的な運用に至っていません。この協力では、ARDSデータの中央および地方レベルでの運用体制の強化およびデータ活用促進を支援します。これにより、迅速な農業セクターの状況把握が可能となり、同国政府の戦略性の高い政策立案・実施能力強化に寄与します。

協力地域地図

ASDP農業定期データシステム能力強化計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 農業普及員が、統一フォーマットで村・郡の農業・畜産に関するデータを収集し、県に提出する。県はデータを収集ファイルし、ARDS Web Portalに入力する。 

  • 村・郡の農業普及員からデータ収集方法の現状と課題に関し聞き取り調査を行った。 

  • ARDS Web Portalの改善点についてカウンターパートが県の担当者を訪問し分析調査を行った。 

  • ARDS Web Portalを実際に使用しながら、州担当者と改善点に関し協議するカウンターパート。 

  • ダルエスサラーム大学に委託して開発したARDS Web Portalのシステム改善を検討するカウンターパート。 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。