第二次マリ−セネガル南回廊道路橋梁建設計画(セネガル)

国名
セネガル
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2009年5月
供与額
6.55億円

プロジェクト紹介

マリとセネガルを繋ぐ南回廊は、通行困難な山岳地域や橋のない河川によって道路網が発達していません。内陸国のマリにとって、国際道路は貿易など経済開発に不可欠な運輸・交通手段であり、その整備の遅れは社会経済の発展と貧困削減の大きな阻害要因となっています。また、セネガルでも内陸部は道路網が十分に整備されておらず、特にダカール〜バマコ間にあるファレメ橋周辺村落の住民は、半年間から通年におよぶ増水期に交通が途絶し、病人の輸送、学童の通学等の社会インフラへのアクセスにも支障をきたしています。金鉱山や国立自然公園があり、肥沃な土壌と恵まれた水源による農業ポテンシャルが高いこの地域の開発を促進するため、日本は、両国国境のファレメ橋を整備して通年の円滑な交通を実現させるとともに、ダカール〜バマコ間の国際幹線道路網の強化に寄与しました。

協力地域地図

第二次マリ-セネガル南回廊道路橋梁建設計画(セネガル)の協力地域の地図

協力現場の写真

  • 南回廊セネガル側:本事業はファレメ橋から繋がる回廊を円借款で整備するという無償・有償連携案件。円借款により整備された道路の様子。 

  • 「第二次マリ—セネガル南回廊道路橋梁建設計画」で対象となったファレメ橋起工式典:2010年3月に行われた。左から、齋藤在セネガル日本大使(当時)、セネガルのワッド大統領、マリのトゥーレ大統領、中川在マリ日本大使(当時)。 

  • ファレメ橋看板 

  • ファレメ橋建設工事:2011年7月完成予定。 

  • ファレメ橋遠景 

  • 「マリ—セネガル南回廊道路橋梁建設計画」で対象となったバレ橋建設工事 

  • バレ橋完成後:2010年3月完成。 

  • バレ橋完成式典 

  • 「第3次マリ—セネガル南回廊道路橋梁建設計画」で対象となったバフィン橋建設工事:2011年10月完成予定。 

関連情報