ウズベキスタン日本人材開発センター・ビジネス人材育成プロジェクト

(The Project for Capacity Development of Business Persons through Uzbekistan-Japan Center for Human Development)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ウズベキスタン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年12月〜2015年11月
事業
技術協力
課題
経済政策、民間セクター開発

プロジェクトの紹介

ウズベキスタンでは、1991年の独立以降も、非効率で旧態依然とした産業構造が残存しており、市場経済化のための改革が遅れていました。こうした状況を受け、日本は、「ウズベキスタン日本人材開発センタープロジェクト」(2000年〜2005年)および「同(フェーズ2)」(2005年〜2010年)を実施し、市場経済化に貢献する人材の育成を支援してきました。この協力では、これまでの実績を基礎とし、ビジネスコースを中心とした教育の強化を支援しました。また、こうした活動を通じて同センターの組織体制を確立することで、同国の経済発展を担うビジネス人材が持続的に輩出される環境を整備しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報