農業機械化強化プロジェクトフェーズ2

Strengthening Farm Mechanization Project Phase 2

実施中案件

国名
ブータン
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2014年8月〜2017年8月

プロジェクト紹介

ブータンの農業は、基幹産業であるものの、農地の大半は急峻な傾斜地に位置して狭隘であり、生産性が低く、食糧自給率も5割ほどです。近年、農村人口の高齢化による労働力不足が顕在化するなか、農業機械などの手段による農作業の効率化と生産性の向上が課題となっています。「農業機械化強化プロジェクトフェーズ1」の協力では、農業機械の適正かつ安全な運転利用・維持管理について支援しましたが、この協力(フェーズ2)では、農業機械選択のため客観的な基準の導入や、農業機械を購入できない貧困農家向けに農業機械サービス提供モデルの提案などを支援します。これにより、同国農家の適切な農業機械へのアクセスの向上が期待されます。

協力地域地図

農業機械化強化プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 南部のブータン農業機械化センターのブール支部の職員との検討会 

  • 南部のブータン農業機械化センターのブール支部による農業機械の部品管理について指導 

  • ブータン国内に新たに導入される耕耘機のエンジン試験 

  • 南部サルパン県における稲刈り時期に、農業機械化センターから貸し出したコンバイン収穫機 

  • 西部パロ県における稲刈り時期に、農業機械化センター職員が、コンバイン収穫機の試験方法を実習 

  • ゲドゥ大学と合同で、農業機械に利用に関する調査を実施した際の調査結果発表会 

  • 農業機械化センター職員による、農業機械作業受託サービス改善のためのワークショップ 

  • ブータンでは牛耕も広く行われている 

  • ブータン国内で製造され、販売されている耕耘機用のトレイラー 

  • 南部のブータン農業機械化センターのブール支部での農家に対する農業機械研修 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。