カリブ地域における漁民と行政の共同による漁業管理プロジェクト

(Caribbean Fisheries Co-Management Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
中南米地域 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年5月〜2018年4月
事業
技術協力
課題
水産

対象国:セントルシア、セントビンセント、セントクリストファー・ネービス、アンティグア・バーブーダ、ドミニカ、グレナダ

プロジェクトの紹介

カリブ地域各国では水産業は伝統的にも重要な産業であり、各国では主要産業の観光業、農業に次ぐ就業率を占めています。しかし、近年は無計画な過剰漁獲などにより水産資源自体の減少が指摘されており、カリブ地域内全体で水産資源管理に取り組んでおりますが、資源管理のために必要な統計の整備が不十分であるなど、改善が求められています。この協力では、各国におけるパイロット事業の実施を通して、漁民と行政の共同による漁業管理アプローチの開発と、その成果の共有を支援します。これにより、カリブ地域の水産業の持続的発展に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報