ナミベ港改修計画

(The Project for Improvement of Namibe Port)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アンゴラ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年2月
事業
無償資金協力
供与額
21.36億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

アンゴラの主要港の一つであるナミベ港は、港湾施設の老朽化により、船舶の係留、荷役の積み卸し等に係る安全性・効率性が極めて低い状況にある一方で、同港のコンテナ取扱量は年々増加しています。この協力は、港湾施設の老朽化が著しいナミベ港において、港湾内の改修整備を行います。港湾施設の舗装や補修により、貨物取扱量の増加、コンテナ荷役サイクル(貨物積み下ろし作業)の時間短縮、貨物船接岸時の事故件数の減少など、作業の効率性・安全性が向上し、アンゴラ南部への物流の強化、ナミベ港および周辺地域の経済活性化に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報