沖縄連携によるサモア水道公社維持管理能力強化プロジェクト

(Capacity Enhancement Project for Samoa Water Authority in Cooperation with Okinawa)

【写真】プロジェクトの様子

国名
サモア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年8月〜2019年7月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

サモアの水道事業は、サモア水道公社(SWA)により運営され、全人口の約85パーセント(2012年)がSWAによる給水サービスを受けています。首都アピアの中心部に位置するアラオア給水区は、給水人口は約1.8万人にのぼりますが、給配水管からの漏水が激しく、給水量の約6割が漏水により失われ、また断水の発生、水質基準を満たさない給水などの問題が生じています。これまで日本は、緩速ろ過(生物浄化)法による浄水処理の改善や無収水対策などの支援を行ってきました。この協力では、SWAに対し、漏水探知・修理を通した漏水対応能力強化、水質管理を含む浄水場管理能力の強化などを支援します。これにより、アピア住民に安全な水が安定的に供給されることが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報