廃棄物管理能力向上プロジェクトフェーズ2

Project for Technical Assistance in Solid Wastes Management

実施中案件

国名
パレスチナ
事業
技術協力
課題
環境管理
協力期間
2015年1月〜2019年7月

プロジェクト紹介

パレスチナ自治区のヨルダン川西岸地域では、毎月約79千トンの廃棄物が発生しています。同国政府の地方自治庁(MoLG)広域行政カウンシル(JSC)局が、各JSCの収集運搬事業および3つの拠点衛生埋立処分場を支援・監督・調整するという体制のもとで実施されています。しかしながら、MoLGの行政・監理能力は不十分であり、またJSCの事業実施能力には大きな差があります。この協力(フェーズ2)では、MoLGにより十分に整備された政策、計画、制度、支援、調整のもと、JSCによる持続可能な廃棄物管理システムがパレスチナ西岸地区全体に等しく構築されるよう支援します。これにより、同国全域において、環境と社会に配慮した廃棄物管理サービスを持続的に提供することが期待されます。

協力地域地図

廃棄物管理能力向上プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクトフェーズ1 UNDP(国連開発計画)経由無償で支援したジェリコ広域行政カウンシル(以下、JSC)の収集の様子 

  • 第1回合同調整員会の様子 

  • 第1回合同調整員会でプロジェクトの概要を説明する吉田チーフアドバイザー 

  • 毎週行われる現地専門家チーム(以下、LET)とのミーティング 

  • 処分場の環境監査ワークショップで挨拶するWalidプロジェクトマネージャー 

  • ジェニンの処分場で環境調査を実施する東條専門家 

  • 廃棄物管理ワークショップの集合写真 

  • JSC向け廃棄物管理研修で講義するYasser現地専門家 

  • 廃棄物管理のナショナルチームで廃棄物管理戦略の改訂を行うテクニカルコミッティーの議論の様子 

  • ホームコンポストの実施方法について議論する池口専門家とLET 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ