ジェリコ農産加工団地運営・サービス機能強化プロジェクト

(Project for Strengthening Incentive Service and Management Function for Jericho Agro-Industrial Park)

【写真】プロジェクトの様子

国名
パレスチナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2014年3月〜2017年3月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

パレスチナでは、経済インフラ整備の遅れ、物流がイスラエルを経由するために生じる制約など様々な理由で経済発展が進まない状況にあります。特に製造業の停滞は著しく、パレスチナの経済的な自立の観点から、また高い失業率を緩和する雇用創出の観点から、地場製造業の育成は優先度の高い課題です。パレスチナ自治政府は工業団地を開発し、インフラ、物流、諸制度を包括的に整備して内外の企業を誘致し、これら企業の事業拡大を支援して経済開発を促進する取り組みを進めています。日本はジェリコ農産加工団地(JAIP)の開発を支援し、工業団地を運営するパレスチナ工業団地・フリーゾーン庁(PIEFZA)の工業団地運営管理機能やJAIP入居企業へのインセンティブサービス提供機能の向上を支援しています。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報