国際物流ハブ構築マスタープランプロジェクト

Project on Master Plan for Development of an International Logistics Hub for SADC Countries in the Republic of Namibia

国名
ナミビア
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2014年2月〜2015年3月

プロジェクト紹介

ナミビアは、南部アフリカの玄関口としてのウォルビスベイ港および周辺諸国に通じる国際回廊を有し、世界各地域と南部アフリカを結ぶ物流ルートとして高いポテンシャルを持つ国で、同国が物流立国となり周辺諸国の生活・経済活動に及ぼす影響は大きいとされています。この協力では、2025年を目標としたナミビア物流立国構想を実現するための国際物流ハブ構築マスタープランの策定および調査を通じた人材育成を支援しました。これにより、同国の国際市場における競争力の向上や雇用率の増加に寄与することが期待されます。

協力地域地図

国際物流ハブ構築マスタープランプロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ウォルビスベイ港(写真提供:IDCJ) 

  • ウォルビスベイ港新コンテナターミナル工事現場 

  • マスタープランによって改修が提案された道路 

  • マスタープランによってアップグレードが提案された鉄道 

  • 内陸に続く道路 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。