ウランバートル市大気汚染対策能力強化プロジェクトフェーズ2

(Capacity Development Project for Air Pollution Control in Ulaanbaatar City Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モンゴル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年12月〜2017年6月
事業
技術協力
課題
環境管理

プロジェクトの紹介

モンゴルのウランバートル市では、人口増加に伴い、同国の主要エネルギー源である石炭による大気汚染問題が顕著化しており、日本は2010年から3年間、「ウランバートル市大気汚染対策能力強化プロジェクト」を実施し、大気汚染対策を科学的根拠に基づき検討する能力の向上に貢献しました。 この協力(フェーズ2)では、大気環境モニタリングのデータ管理・精度の向上とともに同国が主体となって行う組織体制を構築し、同市の大気汚染対策能力のさらなる強化を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報