コミュニティ重視型のペトラ地域観光開発プロジェクト

The Project for Community-based Regional Tourism Development in Petra Region

実施中案件

国名
ヨルダン
事業
技術協力
課題
都市開発・地域開発
協力期間
2015年11月〜2020年3月

プロジェクト紹介

ヨルダンのペトラは、同国最大の観光地であり、世界遺産のひとつとなっています。しかし、同地域は遺跡観光が中心となっており、遺跡以外に観光客をひきつける地域環境の整備が十分にできていません。この協力では、ペトラ開発観光局(PDTRA)職員の能力強化を通じ、魅力的なペトラ地域の開発を図るとともに、無償資金協力「ペトラ博物館建設計画」との相乗効果を図るべく博物館の開館を支援します。これにより、観光開発による地域振興を推進することが期待されます。

協力地域地図

コミュニティ重視型のペトラ地域観光開発プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • プロジェクトでは、ペトラの観光に関与する地元関係者、工芸品制作グループ、コミュニティ代表者が集まる定期的なワークショップの開催を支援し、内発的な観光開発と観光振興を支援している。将来的な観光協会の設立につなげたい。 

  • ペトラは観光客の誰もが一度は訪れるヨルダンを代表する観光サイトであるが、政府観光局による宣伝も遺跡公園のみにフォーカスされ、滞在時間が短いのが課題である。プロジェクトでは、遺跡公園以外の魅力をアピールするパンフレット、ビデオの企画を支援している。 

  • 観光客の満足度を高め、口コミやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)による来訪者の拡大やリピーターを増やすことは、観光地としての価値を高めることに結びつく。プロジェクトでは、カウンターパートと遺跡公園の内外を視察し、必要な改善点の討議や指導を行っている。 

  • 紀元前後にペトラ遺跡を作ったナバティアン人のデザインモチーフを使った工芸グループが多数あり、銀細工、陶芸、アクセサリーを作っている。プロジェクトでは、カウンターパートと共に、ブランド化やマーケティング強化を支援している。 

  • ペトラ遺跡公園を訪れる大半の観光客は、ハイライトである宝物殿やローマ劇場を結ぶメイントレイルしか歩かない。少し体力が必要だが、丘に登るルートからは違った景色や遺跡が楽しめる。一日では見切れない魅力あるペトラの具現化を支援している。 

  • 現在、遺跡公園内にある博物館は、無償資金協力によって公園入口に建設される新博物館へ移転する。プロジェクトでは、新博物館の運営方法と展示コンテンツ制作の技術指導も行っている。 

  • ヨルダン南西部の古代都市ペトラの主な遺跡である宝物殿「エル・カズネ」。ナバディアン人の墳墓といわれており、映画「インディ・ジョーンズ」などの舞台になったことでも有名な遺跡である。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。