ペトラにおける観光開発マスタープラン策定プロジェクト

The Project for Formulating Tourism Development Master Plan in Petra Region

実施中案件

国名
ヨルダン
事業
技術協力
課題
民間セクター開発
協力期間
2021年3月〜2025年2月

プロジェクト紹介

ペトラは、ヨルダンが誇る世界遺産の一つであり、同国最大の観光地ですが、遺跡以外の観光資源や商業施設などの整備が不十分なため、観光客の滞在時間が非常に短く、観光客一人当たりの消費額が少ない状況でした。日本は、無償資金協力(2013年~2020年)及び技術協力(2015年~2020年)により同博物館の開館や、ペトラの観光地としての魅力向上に貢献してきました。他方、依然として観光の競争力と持続可能な観光開発に向けた制度環境の弱さ、地域経済に直接的に恩恵をもたらすような観光商品の不足等、多くの課題に直面しています。本協力では、ペトラ地域における総合的な観光開発マスタープランを策定することにより、当該地域におけるレジリエント(強靭)かつ持続可能な観光開発事業の促進に寄与します。

協力地域地図

ペトラにおける観光開発マスタープラン策定プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 関係者との集合写真(1)(写真提供:JTBGMT) 

  • 関係者との集合写真(2)(写真提供:JTBGMT) 

  • 関係者との会議の様子(1)(写真提供:JTBGMT) 

  • 関係者との会議の様子(2)(写真提供:JTBGMT) 

  • 関係者との会議の様子(3)(写真提供:JTBGMT) 

  • ペトラ遺跡での調査の様子(1)(写真提供:JTBGMT) 

  • ペトラ遺跡での調査の様子(2)(写真提供:JTBGMT) 

  • ペトラ遺跡での調査の様子(3)(写真提供:JTBGMT) 

  • ペトラ遺跡での調査の様子(4)(写真提供:JTBGMT) 

  • ペトラ遺跡での調査の様子(5)(写真提供:JTBGMT) 

関連情報