モンロビア首都圏ソマリアドライブ復旧計画

The Project for Reconstruction of Somalia Drive in Monrovia

終了案件

国名
リベリア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2013年6月
供与額
56.89億円

プロジェクト紹介

内戦終結から約10年が経過したリベリアでは、国の再建・復興が進められています。一方で、難民の流入、都市部と地方の社会的格差、失業問題などから、首都圏では人口が倍増し、インフラ復旧が急務となっているほか、交通量の増加に伴い市街地の至るところで交通渋滞が発生していました。この協力では、道路施設の損傷が激しく橋梁も損壊の危険性がある、首都圏東部と中心部を結ぶソマリアドライブにおいて、車線道路を4車線に拡幅整備するとともに、橋梁1橋の架け替えを行いました。これにより、円滑かつ安全な道路交通の確保と地域経済の活性化を促進し、同国の社会・経済発展に貢献しました。

協力地域地図

モンロビア首都圏ソマリアドライブ復旧計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)道路用地内ROW(75フィート)は舗装されていないため、雨季には水たまりが常態化しており、歩行者の通行は困難だった。 

  • (協力実施前)対象道路の主要交差点付近。左折車両が交通渋滞を発生させる原因となっていた。 

  • (協力実施前)鉄製の高欄の一部は破損しており、歩行者の通行には危険を伴っていた。 

  • (協力実施前)数本のコンクリート杭が損傷し、危険な状況だった。 

  • (協力実施後)道路完成後の様子 

  • (協力実施後)橋完成後の様子 

  • (協力実施後)橋完成後の様子 

  • (協力実施後)橋完成後の様子 

  • 竣工式典の様子 

  • 竣工式典の様子 

関連情報