持続的コメ生産プロジェクト

(Sustainable Rice Production Project(SRPP))

【写真】プロジェクトの様子

国名
シエラレオネ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年6月〜2022年6月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

シエラレオネで農業は、経済開発・貧困削減にとって重要な産業です。同国では年間一人当たり100キログラム以上のコメを消費していますが、国内生産量は約70万トン(精米ベース)に対して、30万トンを輸入しており、国内自給を達成していません(国連食糧農業機関:FAO、2014)。このため、国内の稲作農家のうち約8割を占める小規模・零細農家の生産性向上が課題です。日本はカンビア県において、稲作生産性向上のための技術を体系的に取りまとめた稲作パッケージを作成し、普及活動を支援してきました。この協力では、対象3県(ボンバリ県、カンビア県、ポートロコ県)の内陸低湿地帯において、既存の稲作技術パッケージを農家が適用しやすい内容へ改良し、稲作栽培・加工技術の向上を図り、対象県のコメ生産性向上に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子