持続的コメ生産プロジェクト

(1)当該国における農業・農村開発セクターの現状と課題
シエラレオネ共和国(以下、「シエラレオネ」という。)の農業は、GDPの約6割(世界銀行、2014年)、雇用の約7割(世界銀行、2004年)を占め、同国の経済開発・貧困削減にとって重要な産業に位置付けられる。同国は肥沃な土壌と豊富な雨量・日射量に恵まれ、コメをはじめキャッサバ、落花生、サツマイモなど多くの食用作物が栽培されている。
シエラレオネは、年間一人当たり100kg以上のコメを消費するアフリカでも有数のコメ消費国であるが、コメの国内生産量は約70万トン/年(精米ベース)である一方、2014年時点で約30万トンを輸入して…

更新情報

2月23日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
シエラレオネ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2017年3月6日
協力期間:
2017年6月20日から2022年6月19日
相手国機関名:
農林業食料安全保障省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。