持続的自然資源管理プロジェクト

Sustainable Natural Resource Management Project

実施中案件

国名
ベトナム
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2015年8月〜2021年1月

プロジェクト紹介

ベトナムは南北に細長い国土であり地形や気候が多様であるため、針葉樹林、広葉樹林、マングローブ林、竹林など、多様な生態系を有しています。自然資源の持続的な管理は、環境保全の面(生物多様性の保全、水源涵養、防災、気候変動対策など)のみならず、貧困削減、地方開発においても重要な課題です。この協力では、自然資源の管理を所掌する農業・農村開発省を中心に、地方6省での現場活動による知見を国全体の森林関連・生物多様性保全関連の政策へ反映するなど、持続的自然資源管理に必要な国家の能力強化を支援します。これにより、人々に多面的便益を与える持続的な自然資源の管理が促進されることが期待されます。

協力地域地図

持続的自然資源管理プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • ベトナム北西部の山々。かつては一帯に豊かな森が広がっていたが、現在は焼畑による森林の減少・劣化が深刻である。 

  • 焼畑によってパッチワーク状に破壊された森林。 

  • 河川の先に臨む禿山。焼畑は貴重な水源林の減少・劣化に大きな影響を与えている。 

  • タイ族の伝統的な調理場。大量の薪の消費も森林減少の一因となっている。 

  • プロジェクト活動の紹介に真剣に耳を傾けるタイ族の女性たち。森林を維持管理することは彼らの生活の維持にも重要である。 

  • 植林苗木の植え方を農民に指導する地元政府職員。多くの少数民族にとって植林は始めての体験である。 

  • モン族の村で、村人総出で行われる植林活動。 

  • 補植の準備をするタイ族の女性。森林を守り育てることは次世代への使命である。 

  • 村落森林パトロールチームの能力強化を行う森林保安官。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。