持続的自然資源管理強化プロジェクトフェーズ2

Project on Enhancing Sustainable Natural Resource Management Phase 2

実施中案件

国名
ベトナム
事業
技術協力
課題
自然環境保全
協力期間
2021年5月〜2025年5月

プロジェクト紹介

ベトナムの森林被覆率は、戦禍による国土荒廃、農地転換、大規模開発、過剰・違法伐採等により1990年までに27パーセントまで減少しましたが、同国政府による大規模植林プログラム、森林保全・再生政策ならびに国際社会の支援等により、2020年には42パーセントへと回復しています。しかし、森林セクターにおける主要政策課題は、これまで重視されてきた天然林の保全と再生、森林に依存する住民への生計向上支援のみならず、充実しつつある人工林資源の有効活用と高付加価値化(合法性の担保含む)、森林の持つ多面的機能(生物多様性の保全、防災、気候変動対策等)の発揮へと拡大しています。このような状況下、日本は、技術協力「持続的自然資源管理プロジェクト」(2015年~2021年)において、同国における「森林法」の改正を支援しました。同国政府は、この改正「森林法」の下、2021年4月に「森林開発戦略(2021-2030)」を策定し、同戦略を実践するための「持続的森林開発計画(2021-2025)」の策定を進めています。本協力は、同国の中央政府および北西部・北東部4省において、森林及び生物多様性保全に係る重要な国家政策・措置の策定、見直し、実践を行うことにより、国家・国際基準に準拠した持続的森林管理の推進を担う中央・地方政府職員及び森林所有者が必要な技術・知識を修得することを図り、森林生態系の多面的便益の最大化を図るための国家能力の強化に寄与します。

協力地域地図

持続的自然資源管理強化プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 棚田の向うに焼畑によってパッチワーク状に禿げた山を臨む。(前フェーズの写真。以下2~8も同様) 

  • プロジェクトの活動紹介に真剣に耳を傾けるタイ族の女性達。森林を維持管理することは彼らの生活の維持にも重要である。 

  • 植林計画会議。住民に対するオリエンテーションが実施された。 

  • 植林苗木を受け取る少数民族の女性。少しずつであるが森林を増やす取り組みも進められている。 

  • 植林苗木の植え方を農民に指導する地元政府職員。多くの少数民族にとって植林は初めての体験である。 

  • 植林用の穴掘りをするタイ族の女性。 

  • 箒を作る草を運ぶタイ族の女性。山を適切に管理することでこうした資源も持続的に利用できるようになる。 

  • 稲わらの上に座る子供の向うに残る天然林。限られた天然林を守ることは急務である。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

関連記事等

関連記事等はありません。