コメ生産性向上・流域管理プロジェクトフェーズ2

(Project for Rice Productivity Improvement and Management of Watershed and Irrigated Area(PAPRIZ Phase2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
マダガスカル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年12月〜2020年12月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

マダガスカルにおいてコメは、生産量、消費量ともにアフリカ随一で、最も重要な作物ですが、コメの自給達成には至っていません。コメの生産を拡大するためには、より多くの稲作農家に対する適正栽培技術の普及と、稲作環境の維持(流域管理)を進めていくことが求められています。この協力(フェーズ2)では、より多くの稲作農家への技術普及を図るため、前フェーズにあたる「中央高地コメ生産性向上プロジェクト(PAPRiz)」で開発された稲作技術パッケージと、住民による環境保全(流域管理)技術および普及手法を組み合わせ、その実施体制の強化を図ります。これにより、コメの総生産量の増加に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報